水道事業の変遷(旧今治市)

年月 事項
大正 9年 2月 今治町と日吉村が合併  市制を施行(11日)
10年 4月 水源地調査費を予算計上  水源調査開始
昭和 7年10月 上水道布設計画認可(1日)
9年 3月 上水道工事起工式挙行(28日)
11年 4月 上水道竣工 通水式挙行(18日)
26年 3月 波止浜町営水道、今治市からの受水により供用開始(12日)
29年11月 町谷簡易水道竣工
29年12月 水運搬船 初代「水道丸」建造 小島、来島へ配水船就航
30年 2月 隣接6カ町村(富田、桜井、清水、日高、波止浜、乃万)を合併(1日)
面積 74.30m²、人口 96,654人
30年 8月 越智郡吉海町馬島を今治市に編入
30年11月 上水道第1次拡張事業計画認可(25日)
31年 4月 水道事業に公営企業法適用(1日)  水道局設置
31年 7月 上徳簡易水道竣工
32年 3月 水運搬船 2代目「水道丸」建造
32年 6月 高橋簡易水道竣工
36年 3月 上水道第1次拡張事業完了
36年12月 玉川ダム建設促進協議会発足
39年 4月 桜井簡易水道竣工、玉川ダム調査事務所開設  ダム建設の基礎調査開始
39年 8月 異常渇水により時間給水に至る
42年 3月 上水道第2次拡張事業計画認可(31日)
43年 3月 水運搬船 3代目「水道丸」建造  馬島への給水開始
43年 6月 玉川ダム本体工事請負契約締結 工事始まる
44年 4月 大西町・波方町分水開始(1日)
44年 6月 玉川ダム定礎式挙行(4日)
45年11月 玉川ダム竣工式挙行(24日)
46年 3月 野間・孫兵衛作簡易水道竣工
46年10月 小泉浄水場竣工式挙行(9日)
第2次拡張事業のうち第1期工事完了
47年 3月 「水道丸」委託運航開始
51年 3月 第2次拡張事業完了
55年 3月 水運搬船 4代目「水道丸」建造
60年 5月 桜井上水道第1次拡張事業計画認可(8日)
62年 3月 桜井第2配水池築造(V=1,520m³)
桜井上水道第1次拡張事業完了
  総事業費  548,908 千円
上水道第3次拡張事業認可(31日)
  計画給水人口 135,400 人
  計画一日最大配水量 80,800m³
63年 3月 片山水源地ポンプ室建築
平成 2年 3月 高部送水ポンプ場完成
3年 3月 小泉中央監視制御設備完成
5年 3月 水運搬船 5代目「水道丸」建造
6年 8月 異常渇水により8月22日から9月29日まで(38日間)時間断水
7年 3月 清水送水ポンプ場完成
7年 6月 水源の森基金を設置
9年 3月 乃万地区 配水池、送水ポンプ所完成
これにより、第三次拡張事業終了
9年11月 水道水質検査センター開所式挙行(19日)
10年 4月 水道水質検査センター業務開始(10月より、受託業務開始)
7月 水源の森事業開始
12年 8月 今治地域水資源対策協議会設立(31日、6市町村)
13年 2月 今治地域水資源対策協議会、中間報告書を答申(6日)
13年 6月 上徳水源地クリプトスポリジウム検出(15日)、唐子台地区給水停止(15日21時~16日22時)、影響人口:3,460人
14年 3月 今治地域水資源対策協議会、提言書及び報告書を答申(22日)
16年 3月 上水道第4次拡張事業認可
 計画給水人口 113,600人
 計画一日最大配水量 67,500 m³
17年 1月 今治市、朝倉村、玉川町、波方町、大西町、菊間町、吉海町、宮窪町、伯方町、上浦町、大三島町及び関前村が合併し今治市となる
20年 3月 来島・小島へ海底送水管布設
来島海峡第三大橋へ添架の送水管を馬島へ接続
20年 4月 水運搬船「水道丸」の廃止
21年 4月 馬越浄水場完成
 浄水方式  セラミック膜ろ過方式
 計画給水量 23,600 m³/日

ページの先頭へ戻る