水道部の財政

(※)の付いている言葉は〈用語事典〉に説明があります。用語事典

 平成28年度の収益的収支(※)は、給水収益(料金収入)や受託工事収益などの営業収益(※)が30億1,513万円(対前年度比9.8%増)、受託事務収益(水質検査手数料)、他会計補助金、雑収益などの営業外収益(※)が4億3,656万円(同、10.6%減)、特別利益が672万円(同、皆増)、総収益は、34億5,841万円(同、6.9%増)となっています。また、人件費や物件費、支払利息などの総費用は、28億6,683万円(同、1.2%減)です。総収益から総費用を差し引いた5億9,158万円(同、77.8%増)が純利益となりました。

 資本的収支においては、収入が企業債借入れ、一般会計出資金、国庫(県)補助金等により6億4,636万円(対前年度比29.1%増)となる一方、支出が19億7,335万円(同、11.0%増)となり、差引収支不足額13億2,698万円は、減債積立金、過年度分損益勘定留保資金で補てんしました。

 資本的支出のうち建設改良事業は、しまなみ送水事業、大西・菊間送水整備事業、及び玉川中村簡易水道統合整備事業を実施しました。
 そのほか、一般の建設改良事業は、配水管網の整備、老朽管の更新として、配水管整備工事10,923m、消火栓新設3基等の工事を行いました。

 水道事業は、安全な水を安定して供給することが求められていますが、少子高齢社会の影響による人口の減少や節水型機器の普及、節水意識の浸透等により水需要は減少傾向にあり、その一方で、水源・基幹施設の統廃合、老朽管の更新等に多額の費用が見込まれています。

 水道事業の運営にあたっては、社会経済情勢の変化による水需要等の動向を見据えながら、安心・安全で良質な水を安定的、持続的に供給できるよう、経費の節減合理化にも努め、なお一層の効率的な事業運営に取り組んでいきます。

(金額は消費税抜きの金額です)

損益計算書

(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

損益計算書のグラフ

貸借対照表

(平成29年3月31日現在)

資産 363億6,880万円

貸借対照表のグラフ(資産)

負債・資本 363億6,880万円

貸借対照表のグラフ(負債・資本)

水道事業主要指数

指数表の用語は〈用語事典〉に説明があります。用語事典

年度(平成) 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 前年度
対比
項目
行政区域内
人口A
175,394人 174,269人 172,371人 170,818人 168,863人 166,656人 165,286人 164,322人 162,835人 99.1%
給水人口B 164,391人 164,086人 161,520人 160,388人 159,012人 156,917人 155,769人 155,213人 154,068人 99.3%
給水戸数 66,701戸 66,644戸 66,673戸 67,997戸 67,721戸 67,687戸 67,462戸 67,645戸 67,895戸 100.4%
普及率
B/A
93.7% 94.2% 93.7% 93.9% 94.2% 94.2% 94.2% 94.5% 94.6% 100.1%
年間
総配水量
23,064,085㎥ 22,564,974㎥ 22,441,838㎥ 21,745,050㎥ 21,502,873㎥ 21,398,118㎥ 20,685,620㎥ 20,577,226㎥ 20,846,977㎥ 101.3%
一日最大
配水量
77,996㎥ 70,720㎥ 72,480㎥ 71,772㎥ 68,852㎥ 70,874㎥ 66,846㎥ 66,176㎥ 67,297㎥ 101.7%
有収率 93.7% 95.2% 94.3% 95.0% 93.9% 93.2% 93.0% 93.7% 93.5% 99.8%
全体
負荷率
73.2% 78.3% 76.4% 74.7% 77.5% 74.8% 76.6% 76.5% 75.6% 98.8%
一日平均
配水量
57,059㎥ 55,344㎥ 55,378㎥ 53,580㎥ 53,365㎥ 53,006㎥ 51,194㎥ 50,604㎥ 50,845㎥ 100.5%
一人一日
最大配水量
474.5リットル 431.0リットル 448.7リットル 447.5リットル 433.0リットル 451.7リットル 429.1リットル 426.4リットル 436.8リットル 102.4%
一人一日
平均配水量
347.1リットル 337.3リットル 342.9リットル 334.1リットル 335.6リットル 337.8リットル 328.7リットル 326.0リットル 330.0リットル 101.2%
年間
総有収水量
21,611,113㎥ 21,477,941㎥ 21,172,744㎥ 20,661,289㎥ 20,195,531㎥ 19,948,727㎥ 19,236,623㎥ 19,290,195㎥ 19,486,801㎥ 101.0%
収益的収入 3,600,137千円 3,549,882千円 3,550,019千円 3,486,079千円 3,374,489千円 3,294,936千円 3,270,468千円 3,233,882千円 3,458,408千円 106.9%
給水収益 2,916,488千円 2,903,160千円 2,985,225千円 2,913,580千円 2,849,847千円 2,761,469千円 2,668,846千円 2,673,699千円 2,894,937千円 108.3%
収益的支出 3,278,203千円 3,198,732千円 3,004,952千円 2,968,653千円 2,904,179千円 2,788,670千円 3,103,770千円 2,901,085千円 2,866,829千円 98.8%
供給単価 134.95円 135.17円 140.99円 141.02円 141.11円 138.43円 138.74円 138.60円 148.56円 107.2%
給水原価 138.18円 137.28円 136.88円 138.49円 139.89円 135.30円 146.80円 142.71円 137.4円 96.3%
企業債残高 9,255,318千円 8,891,702千円 8,519,617千円 8,086,136千円 7,221,271千円 7,398,568千円 7,160,228千円 6,804,459千円 6,536,226千円 96.1%

(注)1.一日最大配水量は、各事業所の数値の合算を参考値として掲載している。
   2.全体負荷率(%)、一日平均配水量、一人一日平均配水量は、波方、大西、吉海への分水量を除いている。
   3.吉海への分水は、平成27年12月より始まる。

〔参考/分水量〕
平成24年度 2,024,596㎥
平成25年度 2,051,048㎥
平成26年度 1,999,960㎥
平成27年度 2,056,130㎥
平成28年度 2,288,666㎥

ページの先頭へ戻る